BLACK SUITBLACK

  • JP
  • EN

[ JACKET ]

No. 16AS-2005
Price: ¥102,600
Color: Black

[ PANTS ]

No. 16AS-3005
Price: ¥46,440
Color: Black

『ブルース・ブラザーズ』や『レザボア・ドッグス』など、男たちがブラックスーツをクールに着こなす映画にインスパイアされた、A Socialist初となるテーラードスーツ。しっかりとした高品質なウールサージをはじめ、仕立て職人のハンドワークを駆使したディテールや奇をてらわないベーシックなデザインとシルエットを採用。普遍的で長く着られるばかりか、普段のビジネススタイルから冠婚葬祭まで、幅広いシーンで着こなせるブラックスーツに仕上がった。いつどこでも男をクールに引き立てる、まさしく男の一張羅だ。
用。ヴィンテージのワークウェアなどに見られるボタンであり、男の仕事服としてのアイデンティティを感じさせる。

『ブルース・ブラザーズ』や『レザボア・ドッグス』など、男たちがブラックスーツをクールに着こなす映画にインスパイアされた、A Socialist初となるテーラードスーツ。しっかりとした高品質なウールサージをはじめ、仕立て職人のハンドワークを駆使したディテールや奇をてらわないベーシックなデザインとシルエットを採用。普遍的で長く着られるばかりか、普段のビジネススタイルから冠婚葬祭まで、幅広いシーンで着こなせるブラックスーツに仕上がった。いつどこでも男をクールに引き立てる、まさしく男の一張羅だ。
用。ヴィンテージのワークウェアなどに見られるボタンであり、男の仕事服としてのアイデンティティを感じさせる。

その形状から猫目ボタンと呼ばれるクラシックなボタンを採用。ヴィンテージのワークウェアなどに見られるボタンであり、男の仕事服としてのアイデンティティを感じさせる。

左袖のカフス部分に隠されたカシミア製のピスネーム。普段はけっして見えないが、本切羽と呼ばれる開閉可能なカフスのボタンを開けると表れる、遊び心あふれるディテールだ。

スーツの印象を大きく左右するラペルは、幅の狭いナローラペルを採用。軽快かつスタイリッシュな雰囲気があり、やや低めの2つボタンと相まって、スマートな印象を演出する。

脇の下には汗が染みることで生地が傷むことを防ぐ汗止めを装備。高温多湿でどうしても汗をかく、日本の春夏シーズンに着用するスーツには、いたって実用的なディテールだ。

海に突き出たお台場と形状が似ていることから、お台場仕立てと呼ばれる内ポケットの設え。傷んだ裏地を交換する際にポケットを活かすための、モノを大切にした時代の仕様だ。

トラウザースのフロントにはダーツを設け、腰回りのゆとりを確保。プリーツより目立たないが、美しく仕上げるには手間がかかる。スマートさと着心地を兼ね備えた細部である。

開閉することでウエストの締め付けを軽減するウエストベルトのスリット。開閉時には負荷がかかるため、裂けないようにカンヌキで補強するなど、手間と工夫が凝らされている。

コインやチケットなどの細かいものの収納に役立つ隠しポケットは、トラウザースのウエストベルトに装備。かつてのビスポークスーツに見られた仕様だが、現代でも実用的だ。

“The Blues Brothers,” “Reservoir Dogs,” and more… inspired by the cool look of men in black suits in the movies, A Socialist presents its first tailored suit. Starting with quality wool serge, tailor’s details are added by hand to the orthodox and basic silhouette. Universal and for long-term wear, the suit was made for wide appeal and is as ready for business as it is for ceremonial occasions. Anytime, anyplace; the black suit makes men look cool under any circumstance. Unquestionably the best item in a man’s wardrobe.

“The Blues Brothers,” “Reservoir Dogs,” and more… inspired by the cool look of men in black suits in the movies, A Socialist presents its first tailored suit. Starting with quality wool serge, tailor’s details are added by hand to the orthodox and basic silhouette. Universal and for long-term wear, the suit was made for wide appeal and is as ready for business as it is for ceremonial occasions. Anytime, anyplace; the black suit makes men look cool under any circumstance. Unquestionably the best item in a man’s wardrobe.

A button often noted in vintage workwear, the cat’s eye button [named after its shape] is employed here to add an expression and identity of men’s work clothing.

A cashmere “piece name” is hidden beneath the left sleeve cuff. Upon using the surgeon’s cuffs this playful detail is revealed.

A jacket lapel can markedly change the change the impression of a suit; here a slim lapel is employed. A light and stylish look, matched with the slightly low placement of the front buttons conjures a smart impression.

To prevent sweat from permeating and damaging the lining fabric, a sweat stopper is used under the armpit. A useful detail for the sweltering Japanese spring and summer.

The “Odaiba Pocket” takes its name from an appearance which mirrors the protruding island of Odaiba in Tokyo bay. This pocket design is a detail from a time when objects were treated with more care: as it is not part of the jacket lining, the pocket does not need to be changed along with damaged lining.

Darts in the trouser front help to keep the volume in the hip’s fit. Though not as visually striking as pleats, darts still take a lot of work to sew in skillfully. A detail which unites smartness and comfort.

By opening and closing the slit in the waist belt, the fit of the waist can be adjusted to taste. Because the slit is load-bearing and may tear it has been sewn-in with strong “kan-nuki” stitches and other reinforcement measures.

Good for coins and tickets, a hidden pocket is built into the waist belt. This detail from classic bespoke suits is also a useful addition in contemporary wear.