自分らしくあれ。他の人の席はすでに埋まっているのだから。
  • JP
  • EN
黒スーツを着る父、隆一を見かけたのは、世間一般と変わらない 葬式、そして結婚式の時だった。 しかし、そんな時でもピシッと背筋を伸ばして着ている父の印象はなく、 いつもの普段着の延長、よれよれのままであった、と息子、真史は回想する。


そんな父、黒スーツを着た父の後ろ姿を見ながら、 真史は大きな寂しさをしょい込んだような父の哀しみを感じたという。
真史にとってネガティブな印象、その象徴であった黒スーツが、 カッコいいものと劇的に変わったのが映画の中で暗躍する、 真っ黒のスーツに身を固めた男たちの登場であった。
映画『ブルース・ブラザーズ』『レザボア・ドッグス』に 登場する黒スーツの男たちは、決まって社会に対して反抗的であり、 不良であった。スクリーン上に登場する男たちは飛び切りにカッコよかった。 これらの映画を観た後、世の男たちの大半は、その男たちの群像に 心酔していった。かくいう真史少年も大いに感化されたのは自然の流れだった。 そして、自身も黒スーツを好んで身に纏うようになる。
そんな真史が、最近になって気がついたことがある。
黒スーツとは反抗の象徴でもあるが、同時に、どこか悲しみを宿した服ではないか。 逆に、その悲哀を感じさせる時、黒スーツは何か生き方をも象徴する服に 変わるのではないか。そこには、ひとつの人格、魅力を持つのではないか。 そして社会に反抗し続けた父の生き様を最も体現していたものこそ、 父の黒スーツ姿だったのではないか、と。
自分らしくあれ。 黒スーツは、あの父の後ろ姿にオーバーラップし、己を語る。

Whenever Masafumi saw his father in a black suit it was only for weddings or funerals: no different from most of society. But unlike most of society, Ryuichi did not wear his with any straight-backed pride; it was as though even a black suit for ceremonies was treated as an extension of daily wear: Ryuichi’s black suit was frayed and dog-eared. Watching his father wear that black suit, Masafumi felt sorrow; as though Ryuichi was burdened with a great loneliness.
What changed this negative impression of black suits for Masafumi was the movies. The dynamic characters and appearances of men clad in black suits; instead of an object of sadness, the black suit became an object of high cool.
The black-suited men appearing in “Blues Brothers” and “Reservoir Dogs” were anti-social, they were defiant. They were exceptionally cool. After watching these films, most men felt an urge to be like what they’d seen. Masafumi was no different and says, only naturally, he was also greatly influenced; and he began to wear black suits.
Recently, Masafumi has realized something. The black suit is a symbol of defiance, but at the same time there is a sense sadness is resident in it. And conversely, at the times we are made to feel such sorrow, the black suit becomes a symbol of living. And there: that is where the black suit’s personality and beauty is. Be yourself. That’s the message wrapped over the memory of his father in a black suit; that’s what the black suit speaks to: the story of its owner.

MORE

BLACK SUIT

A SOCIALIST

    BLACK SUITBLACK

    男の一張羅にふさわしい
    タイムレスなブラックスーツ
    A man’s best:
    the timeless black suit.